骨董じじばば

kottoujiji.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 30日

初期伊万里盃

仕覆  箱  口径6.7~6.9cm  高さ4.0~4.3cm
初期伊万里でも創成期の盃だと思います。
キリッとした高台、薄い造りで滑らかな釉肌をしています。
口縁の欠けはすべて窯疵で、釉薬がしっかり掛かっています。
ニューが口縁より一本。
見込にはニューのように丸く走る線が見えますが、
極薄い窯疵のようで修理の必要はなさそうです。
45,000円

b0199741_20421375.jpg


b0199741_20433065.jpg


b0199741_2044519.jpg


b0199741_20443458.jpg


b0199741_2045106.jpg


b0199741_2045483.jpg


b0199741_20461127.jpg


b0199741_20463746.jpg


by kottoujijibaba | 2017-04-30 20:49 | 古陶磁


<< 砥石入れ、見立て掛花入      時祷書額装 >>