骨董じじばば

kottoujiji.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 06日

李朝堅手徳利

李朝時代前期  杉箱  胴径11cm  高さ13.5cm  容量約450cc
2003年3月号、眼の目「李朝を味わう 酒器の愉しみ」に4ページにわたり
掲載されている徳利です。
解説文には「御本の徳利。御本は17世紀に日本人の好みに応えるために、対馬藩が管理し
釜山の土と陶工の手で、倭館内の窯でやかれたやきものです。
おもに茶陶、とくに茶碗で知られる御本ですが、食器などもずいぶんつくられたということです。
ですが徳利は珍しいものと思います。
淡くやや濁った桃色の肌の徳利。胴のたっぷりした感じが愛らしいですね。
当時の日本人の好みと、朝鮮半島の人々の感覚がつくらせたものといっていいでしょうか。」
とあります。
が、酸化焼成による赤あがりの堅手徳利と考えたほうがいいかと思います。
口縁に本金繕いと、気にはならない程度の削げ状の欠け(掲載時のまま)があります。
高台から腰にかけて極薄いニュウ1本。
臭い、漏れはありません。

b0199741_10111831.jpg


b0199741_10114772.jpg


b0199741_10121920.jpg


b0199741_1013038.jpg


b0199741_10134370.jpg


b0199741_10142348.jpg


b0199741_10145851.jpg


b0199741_1015333.jpg

b0199741_1016510.jpg


b0199741_10163483.jpg


骨董じじばば>
(古物商許可:第9099900 38478号/福岡県公安委員会)
     〒814-0015
    福岡市早良区室見1-1-1
    Tel:09059459058
    またはメール
       
    土日を中心に不定休で開店(12時~19時)しています。

by kottoujijibaba | 2016-11-06 18:50 | 李朝
2016年 11月 06日

李朝白磁盃

李朝時代前期  口径7.6~8.6cm  高さ4.3~5cm
口縁の何とも言えない歪みが、掌になじみ好ましい酒盃です。
引っ付き痕や色の変化もあり、味わいを深めています。
口縁内側の薄いニュウは外側には達していません。
30,000円

b0199741_1044633.jpg


b0199741_10443780.jpg


b0199741_104566.jpg


b0199741_1045424.jpg


b0199741_10461696.jpg


b0199741_10465365.jpg


b0199741_10475267.jpg


<骨董じじばば>
(古物商許可:第9099900 38478号/福岡県公安委員会)
     〒814-0015
    福岡市早良区室見1-1-1
    Tel:09059459058
    またはメール
       
    土日を中心に不定休で開店(12時~19時)しています。
    お気軽にお立ち寄りください。
    また、お向きの品がございましたら、ご連絡ください。
    どうぞよろしくお願いいたします。

by kottoujijibaba | 2016-11-06 18:40 | 李朝