骨董じじばば

kottoujiji.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 30日

成島焼大石皿

明治時代  口径31cm  高さ10cm
山形県米沢市で焼かれた陶器です。
海鼠釉や黒釉の器は見かけますが、白い皿は珍しいようです。
並んだ大きな目跡が景色となっています。
見込のニューは漆で止められおり、安心してお使いいただけます。
縁に古いニューがあります。
たっぷりの煮物や、買ってきた果物をポンポンと入れておくのもいいと思います。
18,000円

b0199741_2395611.jpg


b0199741_23103411.jpg


b0199741_2311351.jpg


b0199741_23113360.jpg


b0199741_23115623.jpg


b0199741_23121682.jpg


# by kottoujijibaba | 2016-10-30 23:13 | 古陶磁
2016年 10月 24日

李朝白磁茶碗

仕覆 箱  口径11cm  高さ6.5cm
しっかりとした仕覆が誂えられ、愛玩されていたようです。
高台まで釉がタップリ掛かり、所々水色の釉が流れています。
ニューや直しはありません。
季節を問わず使える茶碗と思います。
40,000円

b0199741_031839.jpg


b0199741_035451.jpg


b0199741_041874.jpg


b0199741_043912.jpg


b0199741_045892.jpg


b0199741_052826.jpg


b0199741_06640.jpg


b0199741_062642.jpg


b0199741_07535.jpg


b0199741_082858.jpg


# by kottoujijibaba | 2016-10-24 00:11 | 李朝
2016年 10月 09日

李朝飴釉面取壺

李朝時代後期  口径9.5cm  胴径15cm  高さ約13.5cm
やや小振りの壺で、口縁にノミホツがぽつぽつ、
高台には小カケがあります。
胴部の潔い釉剥げが景色となっています。
この釉剥げは、窯に入る前に意図せずに痕跡を残したと思われます。
25,000円

b0199741_21573190.jpg


b0199741_21581054.jpg


b0199741_2158437.jpg


b0199741_21592230.jpg


b0199741_220148.jpg


b0199741_2203131.jpg


b0199741_22151.jpg


<骨董じじばば>
(古物商許可:第9099900 38478号/福岡県公安委員会)
     〒814-0015
    福岡市早良区室見1-1-1
    Tel:09059459058
    またはメール
       
    土日を中心に不定休で開店(12時~19時)しています。
    お気軽にお立ち寄りください。
    また、お向きの品がございましたら、ご連絡ください。
    どうぞよろしくお願いいたします。

# by kottoujijibaba | 2016-10-09 22:01 | 李朝
2016年 06月 05日

銅造如来坐像掛仏

南北朝~室町時代初期  像高8.2cm  全高11cm
火中を経た、発掘伝世の掛仏と思います。
愛らしい像は全体が経年の厚い煤で覆われています。
わずかに窺える眼や口は、優しいなかにも荘厳さを感じます。
台を使わずに、直接壁に掛けることができます(第8画像)。


b0199741_09334822.jpg



b0199741_09011785.jpg


b0199741_09000108.jpg


b0199741_09002660.jpg


b0199741_09004424.jpg


b0199741_09010120.jpg


b0199741_08591580.jpg


b0199741_09023993.jpg

<骨董じじばば>
(古物商許可:第9099900 38478号/福岡県公安委員会)
     〒814-0015
    福岡市早良区室見1-1-1
    Tel:09059459058
    またはメール
       
    土日を中心に不定休で開店(12時~18時頃)
















# by kottoujijibaba | 2016-06-05 09:06 | 仏教美術
2016年 05月 07日

東寺伝来不動明王坐像印仏

室町時代  本紙21.5×14cm  額38.3×29.1cm
京都・東寺旧蔵「不動明王坐像」の像内から発見された印仏断簡です。
もともと一紙百体ですが、これは二十五体での額装です。
虫食いは比較的少なく、状態は良いと思います。
印仏は「不動明王坐像」の頭部・胎内にぎっしりと納入されていたそうです。
95,000円

b0199741_6242328.jpg


b0199741_625656.jpg


b0199741_6253467.jpg


# by kottoujijibaba | 2016-05-07 08:30 | 仏教美術