骨董じじばば

kottoujiji.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 07日

十一面観音坐像懸仏

南北朝~室町時代  像高8.4cm  台含む総高10cm
確かな鼻梁、キリッと結ぶ口以外は判然としないお顔ですが、
屈した左腕に水瓶、右手は膝に置いた全体の雰囲気は、
高貴さと可愛らしさを感じさせる観音さまです。
肉厚の銅造りで、意外とズシリと重厚な手取り感です。

b0199741_2227391.jpg


b0199741_22275436.jpg


b0199741_22303093.jpg


b0199741_2230562.jpg


b0199741_22313315.jpg


b0199741_2232281.jpg


b0199741_22341522.jpg


b0199741_22344758.jpg


# by kottoujijibaba | 2017-01-07 22:34 | 仏教美術
2016年 11月 06日

李朝堅手徳利

李朝時代前期  杉箱  胴径11cm  高さ13.5cm  容量約450cc
2003年3月号、眼の目「李朝を味わう 酒器の愉しみ」に4ページにわたり
掲載されている徳利です。
解説文には「御本の徳利。御本は17世紀に日本人の好みに応えるために、対馬藩が管理し
釜山の土と陶工の手で、倭館内の窯でやかれたやきものです。
おもに茶陶、とくに茶碗で知られる御本ですが、食器などもずいぶんつくられたということです。
ですが徳利は珍しいものと思います。
淡くやや濁った桃色の肌の徳利。胴のたっぷりした感じが愛らしいですね。
当時の日本人の好みと、朝鮮半島の人々の感覚がつくらせたものといっていいでしょうか。」
とあります。
が、酸化焼成による赤あがりの堅手徳利と考えたほうがいいかと思います。
口縁に本金繕いと、気にはならない程度の削げ状の欠け(掲載時のまま)があります。
高台から腰にかけて極薄いニュウ1本。
臭い、漏れはありません。

b0199741_10111831.jpg


b0199741_10114772.jpg


b0199741_10121920.jpg


b0199741_1013038.jpg


b0199741_10134370.jpg


b0199741_10142348.jpg


b0199741_10145851.jpg


b0199741_1015333.jpg

b0199741_1016510.jpg


b0199741_10163483.jpg


骨董じじばば>
(古物商許可:第9099900 38478号/福岡県公安委員会)
     〒814-0015
    福岡市早良区室見1-1-1
    Tel:09059459058
    またはメール
       
    土日を中心に不定休で開店(12時~19時)しています。

# by kottoujijibaba | 2016-11-06 18:50 | 李朝
2016年 10月 30日

鉄瓶

江戸時代末~明治 口径8.5cm 胴径16cm 高さ(蓋まで)11.7cm (弦まで)21cm
使い込まれた、梨地のシンプルな鉄瓶です。
直しはなく、水漏れもありません。
中も綺麗で、すぐにお使いいただけます。
38,000円

b0199741_23251245.jpg


b0199741_23255862.jpg


b0199741_23262545.jpg


b0199741_23265336.jpg


b0199741_23272058.jpg


# by kottoujijibaba | 2016-10-30 23:24 | その他
2016年 10月 09日

李朝飴釉面取壺

李朝時代後期  口径9.5cm  胴径15cm  高さ約13.5cm
やや小振りの壺で、口縁にノミホツがぽつぽつ、
高台には小カケがあります。
胴部の潔い釉剥げが景色となっています。
この釉剥げは、窯に入る前に意図せずに痕跡を残したと思われます。
25,000円

b0199741_21573190.jpg


b0199741_21581054.jpg


b0199741_2158437.jpg


b0199741_21592230.jpg


b0199741_220148.jpg


b0199741_2203131.jpg


b0199741_22151.jpg


<骨董じじばば>
(古物商許可:第9099900 38478号/福岡県公安委員会)
     〒814-0015
    福岡市早良区室見1-1-1
    Tel:09059459058
    またはメール
       
    土日を中心に不定休で開店(12時~19時)しています。
    お気軽にお立ち寄りください。
    また、お向きの品がございましたら、ご連絡ください。
    どうぞよろしくお願いいたします。

# by kottoujijibaba | 2016-10-09 22:01 | 李朝
2016年 05月 07日

東寺伝来不動明王坐像印仏

室町時代  本紙21.5×14cm  額38.3×29.1cm
京都・東寺旧蔵「不動明王坐像」の像内から発見された印仏断簡です。
もともと一紙百体ですが、これは二十五体での額装です。
虫食いは比較的少なく、状態は良いと思います。
印仏は「不動明王坐像」の頭部・胎内にぎっしりと納入されていたそうです。
95,000円

b0199741_6242328.jpg


b0199741_625656.jpg


b0199741_6253467.jpg


# by kottoujijibaba | 2016-05-07 08:30 | 仏教美術